私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書

ブログトップ

カテゴリ:日本と日本人を知る為に( 2 )

情報鎖国・日本(新聞の犯罪) 高山正之 (廣済堂)

2001年1月の出版であるが、これを身近な若き友人たちに、必ず読むようにすすめることが、断然多い。

なぜか? 日本人としての自信を取り戻すからである。

また、歴史の真実が分かる。

世界史や日本史を得意としていた人ほど、目からウロコのようである。

この本を読んで、真っ向から否定した人は、今のところ、いない。

否定すると、私が恐ろしいから、遠慮しているとも考えられるが、表向きは、日本人なら皆、感動するようである。

一番の重要エキスは、後半の部分である。

なんなら、前半は飛ばして、後半から読んだ方がよいかもしれない。

内容は、ここでは一切書かない。

読めば分かる。

この書を読んでも、納得しない人とは、つきあわないことにしている。
[PR]
by cyos | 2005-08-07 14:12 | 日本と日本人を知る為に

ウィーン愛憎 中島義道著 (中公新書)

副題には

 ヨーロッパ精神との格闘

とある。

東大出身のカント哲学者の、実際の体験談だけに、インパクトは大きい。

ウィーンに、私費留学して、白人社会との大格闘が始まるのである。

日本人は、ヨーロッパ社会から、どのように見られているか。

有色人、あるいは東洋人、日本人に対する差別は、今も昔も変わらない。

それをいかに中島氏は、克服したか、あるいはしなかったのか。

実に学ぶべき点の多い、一押しの本である。

身近な若い人に勧めることの多い本でもある。
[PR]
by cyos | 2005-08-07 01:20 | 日本と日本人を知る為に