「ほっ」と。キャンペーン

私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書

ブログトップ

カテゴリ:マネすべきでない生き方( 1 )

うるさい日本の私  中島義道著 (洋泉社・新潮文庫)

カント哲学者の中島義道氏の生き方は、決してマネをしてはいけない。

このブログの筆者より少し年上だが、同様な感性と生き方をして来ただけに、自信を持って断言できる。

周囲の者との摩擦が絶えない。

自己の感性に照らし合わせて、不合理だと結論付けられる悉(ことごと)くに、文句を言わずにゃおれなくなる。

小生も、昨年暮れにHPを公開して以来、不合理と思われる事象に、悉く抗議して来た。

幸いに意見が通ったこともあるが、多くは無視され、むなしい戦いに終わっている。

一体に、中島氏や小生のような特異な性格は、この現実社会、とりわけ日本社会では、生きにくい。

だから、よけいに抵抗したくなる。

どちらが理屈が合っているのか、考えよ、と叫びたいのは、中島氏のみならず小生の思いでもある。

本書を読めば、人間、確信犯として、このようなすさまじい生き方もあるのか、と感心することだろう。

ただし、中島氏は、腕力・膂力・実際の筋力・体力などでのパワー不足が物足りない。

小生ほどの、鍛えた身体、筋力とパワーがあったら、もっと成功していたに違いない。

以上の文章では、何を言っているのか分からない人が多いだろう。

それでいいと思う。

読まないほうがいいよ。
[PR]
by cyos | 2005-09-06 09:06 | マネすべきでない生き方