「ほっ」と。キャンペーン

私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書

ブログトップ

カテゴリ:日本精神史( 1 )

日本的霊性   鈴木大拙著  岩波書店

かずある日本精神史を論じた書物の中で、もっとも小生を感服せしめた本が、上掲の大拙翁の著書。

アメリカに「禅」を広めたことで有名である。

それだけに、翁の諸論文や啓蒙書にしても、英語で書かれたものが多い。

岩波新書で、昔から有名な「禅と日本文化」にしても、翻訳者が北川桃雄氏だったような気がするが、他の訳者だったかもしれない。

いつか、必ずきちんと確認しておかなければならない。


蔵書が多いクセに、手元にまったく資料を置かないまま書くから、時々、とんでもない間違いをしでかしそうだ。
目的の資料を取り出すのにも、一苦労するのが蔵書の氾濫した我が廃屋である。

ところで、本書も英語で書かれていたのであったか、最初ッから日本語だったのか、いま定かでないから、これも後ほど、調べておくことにする。

と言う具合に、ずぼらで申し訳ないが、何せ最後に読み返したのが10年くらい前。

最初に読んだのが35年くらい前だから20歳の頃。

優れた日本精神史として、若い諸君に勧めることがあるが、誰も読破して感想を述べたものが、回りにはいない。

ある真面目な女性は、二十代には読みこなせず、サジを投げていたが、四十代になって再挑戦し、充分意味が理解できた。

エキスだけを言えば、日本人が日本人として、日本人らしい自覚ができたのは、新古今和歌集の時代からである、といったところが中心として前後が展開されていた印象が深い。

現在でも、岩波文庫で売られているのだから、是非、若い人にも読んで欲しい。

次に、鈴木大拙全集の全巻を撮影して、ここに掲載するつもりだったが、昨今、本業が忙しすぎて、撮影を怠ってしまった。(後日、掲載したい)

その後日、上記にすべて間違いは無かった。

e0043194_18381171.jpg

[PR]
by cyos | 2005-09-02 14:35 | 日本精神史