私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書

ブログトップ

夏 目 漱 石 の 全 小 説

小説にも色々あって、だから、必ずしも本を読むことは健全とは言えないシロモノも多い。

現代は、ネット界はもとより、一般社会でも、エッチが洪水のように溢れている。

これだけ大量に氾濫してもらうと、チト、どころか、大いに嫌気がささないかね?

なかなか手に入らないものには、価値があるが、どこにでも、道端に転がっている石と同様じゃないか。

逢えない恋、花も紅葉もまったく無くなった「うらのとまやの秋の夕暮れ」だから、花も紅葉も価値がある。

投稿者(小生)のもとには、毎日、エッチの誘いの迷惑メールが、何十通来るだろう。

ある手段を使って、受け取り拒否の手続きを徹底的にやっても、この調子である。

何十万円も支払うという、凄まじい誘いもある。

何で、こんなオジインが、もてるものか!

何かあるに決まってるじゃないか。

ネット界も、巷(ちまた)も、ここまでエッチが溢れると、そろそろ飽きてこないかね。

チ~~タ~~、人生を真面目に考える気には、ならんかね?

明治時代には、人生を真面目に考え、また、社会を真剣に考えた人が多い。

現代にもそういう奇特な方も、多いだろうが、当時に比べ、手持ちの「語彙(ごい)」が、あまりに乏しすぎる。

当時は、今のように、テレビはもとより、インターネットも無い時代。
しかしながら、豊富な語彙によって、思考能力が優れていたのみならず、その豊富な語彙によって、情緒や情操(じょうそう)が、とても豊かだった。

奥ゆかしい日本人なれば、おもてに派手な表出はないにしても、多くの作品に残されている。

樋口一葉しかり、また、夏目漱石は、もっとも読みやすく、人間とは、人生とは、時に豊かなユーモアとともに、時には深刻な題材として。

教科書から、夏目漱石が消される時代だという。

漱石を乗り越えるような作家が、日本に本当にいたのかね?
e0043194_01266.jpg


e0043194_20251871.jpg

[PR]
by cyos | 2005-10-03 00:12 | 人生の味わい